スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

16年 公示地価・・・

・・・公示地価・・・
国土交通省が3月22日発表。大阪府の商業地が3年連続上昇、平均変動率は上昇率4.2%。
全国都道府県で第一位。近畿2府4県の商業地は大阪府に続き京都府 3.2%。
全国上昇率1位になったのは中央区心斎橋筋2丁目、外国人客が多く集まリ店舗収入が増え土地の収益性が高まり評価UPに。
1㎡当り、最高価格地点 グランフロント大阪南館 価格1180万 上昇率16.8%。
京都市下京区四条通四条河原町交差点あたり 415万円 上昇率17.2%。
神戸三宮センター街野村証券あたり 350万円 上昇率12.9%。
投資マネーの流入が続き不動産投資信託投資家はマイナス金利の導入でさらに勢いずき、
インバウンド(訪日外国人客)増加の影響が広がってますます先行き不透明なところへ踏み込んで行きそうな勢いかと?・・・。
東京都 4.1% ・ 大阪府 4.2% ・ 京都府 3.2% ・ 愛知県 2.7% ・ 関西も頑張ってますね。しかし商業地に対して住宅の変動率は、和歌山▲2.0% ・ 滋賀▲0.5% ・ 兵庫&奈良▲0.3% ・ 京都▲0.1% ・ 大阪 0.0%と軒並み下落が続いている状態で、住宅地は大阪が8年ぶりに下落から脱しました。
※札幌、仙台、広島、福岡の「地方中枢都市」の上昇幅は三大都市圏を上回りました。

・・・詳しくは、国土交通省の土地総合情報ライブラリーでも閲覧可能です・・・
・・http://tochi.mlit.go.jp/・・


akira.S
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。