FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

住宅ファイル制度・・・

「住宅ファイル制度」とは❔
中古住宅の取引活性化に向け、売買する建物の耐用年数や市場価格を明示する制度です。
2016年1月開始予定。近畿2府4県の宅地建物取引業者、不動産鑑定士などで構成する
近畿不動産活性化協議会。一般向けに物件情報が公開されるのは近畿では初めてです。
売主側が作成するファイル報告書の物件情報を買主が確認します。
安心して売買できるようにして取引を活性化します。
木造住宅は、築20年程度で建物価格がゼロになるという取引慣行があり、売主が売却に
二の足を踏む要因になっています。リフォームの有る無しなども考慮して状態の良好な建物の
価値を適正に示すことで、売主は不当に安い売却を避けられる❔見通しのようです。
新制度では売主が宅建業者などに住宅ファイル報告書の作成を申込み協議会が窓口になって専門家に依頼します。宅地建物取引士が物件調査書、建築士が建物診断や瑕疵保険調査。
シロアリ防除業者がシロアリ診断報告書を作成し不動産鑑定士がこれらをもとに報告書をまとめます。報告書には住宅の市場価格のほか、建物の経済的な残存耐用年数や基礎部分の物理的な残存耐用年数を明記します。
価格は1件あたり最低16万円の予定で中古マンションも対象です。

住宅の評価が改善されて
資産価値が高まれば住宅や宅地の流動化が進み好循環が生まれれば、と・・・・・・


・・・akira.S・・・

スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。