FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

瑕疵担保は・・・・・・

念願のマイホームに欠陥があった・・・。
瑕疵担保責任
売主などは、新築で10年以内に柱や屋根といった重要な部分に欠陥が見つかれば、無償で
修理しなければなりません。万が一、売主が倒産してもカバーできる仕組みになっています。
新築住宅は現在、戸建、マンションとも引渡しから10年、売主が責任を持って修理することが
法律で義務になっています。

修理するのは・・・・
住宅の基礎や柱、壁といった構造上主要な部分と屋根など雨を防ぐ部分の欠陥です。
2009年10月1日以降に引渡した新築住宅の売主は、住宅瑕疵担保責任保険に加入するか
保険金を法務局に預ける供託という制度のどちらかを必ず選ばなければなりません。
売主は通常、欠陥が見つかれば保険金で修理費用を賄います。
売主が倒産した場合は保険金や保証金でカバーされます。
保険を引き受けるのは国交相が指定する「住宅瑕疵担保責任保険法人」という専門法人です。
買主は自分で瑕疵保険に入るわけではないので確認しておきましょう。
※注・もし買主が売主に連絡せず別の事業者に頼んで欠陥を修理すると保険などが使えません。
中古住宅や住宅リフォーム工事も欠陥に備える保険がありますが事業者の任意加入です。
個人間の中古住宅売買でも瑕疵保険に加入できる場合がありますが保険法人に登録している
住宅検査会社にあらかじめ物件を検査してもらうのが条件となっています。
登録会社は住宅瑕疵担保責任保険協会のホームページで調べられますので要確認。
※注・瑕疵担保責任保険の期間には限りがあることを忘れないこと。
中古住宅やリフォームの瑕疵担保保険の期間は通常1~5年程度と新築の10年より短いですので
住宅が少しでも長持ちするように手入れ方法を工夫したり長期の修繕資金をためたりすることが
欠かせないと思います。

キャプチャ


・・・akira.S・・・
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。