FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

話題変え②・・・・・・

今回は、携帯のお話をします。
日常会えない人とも、手軽に交流を広げられるSNS(交流サイト)プライバシー保護やマナーの面で気になり心配しながら使われている方もおられると思います。
SNSの代表的なフェイスブックとLINE。
フェイスブックでは、プロフイル登録を絞るか、自分の個人情報を見られる人を限る。
LINEでは、やり取りしたくない友達はブロック・・・ですかね。
フェイスブック:プロフイル投稿を見られる人の設定次第で個人情報が無防備にさらされます。
LINE:スマートフォンのアドレス帳と連携させると望まないつながりができてしまいがち。
フエイスブックでは友達のプロフイルに、合コンでTEL番号を交換した人から連絡が来る。
常に相手を選び友達限定で使うのがベストですかね、やはりルールがありますから。
フェイスブックでは友達のプロフイルにリンクを張って投稿できます。タグ付けと言って一緒にいる友達を知らせることができる機能です。タグ付けすると自分の友達とタグ付けした人の友達に近況を知らせることができますが、勝手にタグ付けされて自分の行動を知られるのは困る・・・。必ず相手の了解を得ましよう。
位置情報を一度オンにして投稿すると、同じ端末からの投稿は位置情報が付いたままになります。自宅周辺にいるときなどはプライバシー保護のために位置情報を削除してから投稿しましよう。元の投稿が友達に限定されたものなら、投稿者の友達まで。誰でも見られる公開設定なら自分の友達のニュースフイールドにも表示されます。元の投稿の共有範囲は投稿者の名前の下にあるアイコンで見分けましょう。
・・いいね!やシェアが見られるのは元の投稿の設定次第です・・

・・・・・LINE・・・・・
*友だちになったもののトークしたくない場合はブロックできる。ブロックしたことは通知されず、先方のメッセージは、こちらには届きません。友だち画面でその人を iphoneは左にスワイプ、Androidは長押しでブロックできます。
*アカウント乗っ取り対策として4桁数字のPINコードを設定。他端末からのログイン時に入力が必要になります。
*アドレス帳にある連絡先を友だちに自動追加しない : アプリの設定で友だち追加や友だちへの追加を許可をオフにすること。

・・・・・フェイスブック・・・・・
住所など個人情報が漏洩しないか心配と・・・思われていませんか。
知り合いから見つけられやすくなる代わりに、自分の情報がネット上にさらされることになります。そのため、登録項目を絞るか、自分のプロフイルを見ることができる人を友だちなどに限定すると良いと思います。自分のタイムラインから基本データをクリックすれば、項目ごとに情報が見られる人を設定できます。
*フェイスブックを安全に利用するには誰を友だちにするかが重要です、顔見知りの友人と同姓同名の他人からの友だち申請を
許可してしまう。手当たり次第に友達申請に応じていれば・・・ストーカーに住所などを知られる可能性大。
中には出会い系サイトやウイルスを感染させる目的の偽アカウントもあります。共通の友達もおらず投稿もわずかでフォローする人がいないようなアカウントからの申請には応じない方が安全です。また共通の友達がいる場合でも、その人が誰構わず友だち承認すれば、いくら自分が注意していてもリスクが増す。友達申請に応じるのは会ったことのある人に限るなど、自分でルールを定めるべきだと思います。

*ネガティブなことは投稿コメントしない。
見ることができる人を限定していない公開投稿はグーグルなどの検索エンジンにも引っかかり、世界中の人が読める状況になってしまいます。不用意なネガテイブ発言は炎上に結びつきますから。

*子供の写真投稿、名など私的情報には気をつけて。
写真投稿はたとえ見られる人の範囲を限っても知らない人の目に触れる可能は高い。子供の場合は防犯の面からも十分に用心を。乗せたいのなら顔をスタンプで隠すなど配慮が鉄則です。

*フェイスブック&スマホの連絡先は同期させない。
フェイスブックに送った情報もhttp://www.facebook.com/invite__history.phpで削除できます。

※ 使いようによれば最高な・・・・で、なければ単なる通信機。高いおもちゃですね。

・・・akira.S・・・
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。