FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

3000万円特別控除・・

個人が土地や建物を売却し利益が生じた場合には、その利益に対して所得税と住民税がかかります。この利益のことを「譲渡所得」と呼んでいます。
不動産の譲渡所得は申告分離課税ですので、給与など他の所得とは別に税金を計算します。
※ 所有期間が5年を超える長期なら税率は20.315%(所得税15.315%・住民税5%)
※ 5年以下の短期なら39.63%(所得税30.63%・住民税9%)
投機的な売買を抑えるため短期所有は税率が高くなっています。
マイホームを売却した場合、所有期間にかかわらず3000万円の特別控除があります、
利益が3000万円までなら税金はかかりません。

また、マイホームを売っても住宅ローンを返しきれない状態で売るならその分を上限に譲渡損失を給与所得などと損益通算できますし控除しきれなければ翌年から3年間損失を繰り越すこともできます、新しく住宅ローンを組んでマイホームを買い替える場合も損益通算や損失の繰り越しが出来ます。
不動産の譲渡所得の税制は、適用の条件などが複雑なので(マイホームを売却したときの5つの特例などがあります)売却する前によく確認することです、税務署でも問い合わせや相談は受け付けていただけます。
※マイホームを売った譲渡所得には3000万円控除がありますが、それを超える売却益が出る場合は取得費をどう計上するかが税額を左右します。建物は経年劣化を反映する減価償却が進んで取得費が減っていく一方、建物の価値を上げるようなリフォームをすればその費用は取得費に積み上げることができます、マイホームの売買契約書は当然、リフォーム関係の領収書もご用意いただけましたら。

・・・akira.S・・・
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。