FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

登録免許税・・・・・・

登録免許税国税
土地や住宅を取得すると、自分の権利を確保するために所有権の保存登記や移転登記をします。登記の時に納める税金、これが登録免許税です。※登記は一般的に司法書士に依頼します。
税金の計算は、不動産の価格(固定資産税評価額)×税率=税額 
・不動産価格とは、固定資産課税台帳に登録された価格(固定資産評価額)です。
税率は登記の内容に異なります。
※表示登記には登録免許税は課税されません。
※土地の所有権移転登記等の軽減税率は、
平成29年3月31日までに行う土地の売買による所有権登記については1.5%
土地の所有権の信託の登記については0.3%軽減されます。
・住宅用の家屋についての軽減は、新築住宅の場合、自己の専用住宅で、床面積が50㎡以上であること。
・マンシヨンなどの区分所有のもの
(一定の耐火性を有するもの)については自己の居住用部分の床面積が50㎡以上であること。
・個人が平成29年3月31日までに新築または取得し、自分が住むための家屋であること。
・新築または取得後1年以内に登記を受けるもの。
以上の要件を満たすと所有権の保存登記0.15%。
所有権の移転登記0.3%。抵当権の設定登記、債権金額の0.1%が軽減されます。
※なおこの軽減税率は家屋について適用され土地については適用がありません。
軽減を受けるためには、市区町村長が発行する住宅用家屋証明書が必要です。
以上によって土地と建物の所有権の移転の登記等の税率は次のようになります。
・住宅の軽減税率の適用がある場合・所有権の保存登記土地0.4%・建物0.15%。
・所有権の移転登記、土地1.5%(平成29年3月31日まで)・建物0.3%
・抵当権の設定登記土地0.4%
(住宅とその土地を同時に設定登記する場合は土地についても軽減税率0.1%が適用)
建物0.1%

・分かりにくいと思いますが、税金が軽減されているとご理解ください。

・・・akira.S・・・
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。