FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

リフォーム費用いくら?

持ち家=避けて通れない将来のリフォーム。
リフォームを思いまず気になるのは費用、手持ちの予算でどこまでできるのか?
例えば、壁付けのキッチンを同タイプの最新設備に変える場合と対面式に変更するのでは、配管や床などの付属する部分の工事範囲が変わり、構造、築年数の老朽化の度合いなどによって工事範囲も異なります。

戸建では、外壁、屋根、バルコニーの防水・修繕、シロアリ対策、給湯器交換が必須。
※リフォーム費用の目安
*水回り・キッチン50万~200万。風呂50万~150万。トイレ/洗面~50万。
*外回り・外壁50万~150万。屋根~100万。
*バルコニーの修理~20万。
*シロアリ10万。*給湯器30万。
リフォームが必要になる時期には・・・
住宅ローン返済や教育費など重い支出が残っている場合も多い。
自己資金だけで費用がまかなえないなら、リフォームローンの利用も。
・有担保のローンは金利が低めで、長期、多額の借り入れが可能ですが
登記費用や手間がかかります。
・無担保のローンは金利は高め、期間は短め、額は少なめが基本です。
短期で返済できるのであれば、登記費用などがない分、有利になることもあります。
例えば購入時の住宅ローンの返済が残っている方は借りた金融機関からリフォーム用に追加融資を受ければ金利などで優遇されることがあります。一方、住宅ローン自体を他行へ借り換え、その際にリフォーム費用も上積みして借りることも可能かと?。
リフォーム費用の借り入れ額の1つの目安になるのが『住宅購入時とリフォームのそれぞれのローン残債を差し引いても、リタイアした時に老後資金が不足するようなら、リフォームの見直しが不可欠です』

※注
高齢になり収入が減ってからローンが必要になる場合も多いと思います。
借入額が過剰になると、家計に与える負担やリスクは住宅購入時のローン以上に重しに●~*


・・・akira.S・・・
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。